So-net無料ブログ作成
検索選択

自分のなかに歴史を読む [備忘録]

久しぶりのヒット.

阿部謹也:『自分のなかに歴史をよむ』,ちくま文庫,2011.12.25第二刷

卒論提出日の今日,この本を読み終えたことが,意味深い.
も一つ,本年度で退職される,n先生のお言葉を頂いた,ことも.

そのn先生と,実は接点のある,O先生が最終講義で,
阿部先生の『中世の窓から』をウィーンで読んだ話を聞いて,
それを買いに行ったのだが,なかったので,仕方なく手に取った
本書.でも,よかった.

もう,ほんとにほんとの,最後の段落.

p.210
 交響曲に代表されるヨーロッパは,私たちをひきつけてやみません.
 しかし,ひくつけられながらも,私たちは高村光太郎のように,
 小さな違和感を感じつづけています.この違和感は,他の文化を
 理解しようとするときに大切なものです.この違和感を大切にしながら,
 他の文化を理解する努力を,今後もつづけていかねばならないでしょう.

歴史学のなかに,社会史という分野を切り開いた
高名な歴史学者であり,一橋大学の学長にもなった阿部先生が,
ご自身のドイツ滞在や研究を通して,得られた言葉は,
n先生やO先生とも重なった,僕の胸に響いた.

歴史学か地理学か,そもそも土木工学なのか,
自分のやっている研究に自信が持てない僕に,

p.21
 「解るということはそれによって自分が変わるということ」
p.65
 私たちは過去との真の絆を探し,《大いなる時間》のなかで
 生きているという自覚をもたねばならないのです。

などの言葉は,ありがたい道標となる.

時空間のなかで,本当は
共有し得ないかもしれない風景を,
それでも,人々は拠り所として
日々生きていくのだと信じて.

次! [備忘録]

読んで下さっている方々がいると,
今更ながらに気づき,更新です.

梅原真×原研哉,『梅原デザインはまっすぐだ!』,はとり文庫,pp.114-115

 デザインの仕事っていうのは,「こうじゃないか」っていうことを提案することに
 シフトしていったほうがいいと思います.頼まれてやる仕事っていうのは,
 あんまり未来がないですよね.

最近,いろいろ考えている内容に,ビシッと一言って感じ.

 警察官も料理人も,プロレスラーも,デザイナーも,マッサージ師も,
 自分が持っている技術を社会に提供することで,どれぐらい対価が
 もらえるかっていうことを,もう一回考え直す.それをリアルに考え直さないと.

もっと,梅原さんみたいに,アカンヤンカって,外向きだけでなく,
内向きにも言わんとアカン.そして,もっとできるって励ましもせなアカン.
そして,自分にも.

次に進まなアカン!

パソコンに向かうのは,「一日三時間」と決める [備忘録]

てな訳にはいかない?いく?いくべき?いや,無理だろ...

情けないことに,インフルエンザにかかり
たまっていた本を一気に読んだ.

水野学:『アイデアの接着剤』,朝日新聞出版,2010.10.

p.64
 最後に,すぐにできる実践的な「客観性をつけるテクニック」を
 付け加えておきたいと思います.
 それはごく単純で,パソコンに向かう仕事を,一日三時間に限定すること。

水野さんは,いまをときめく「グッドデザインカンパニー」の代表であり,
日本を代表するアートディレクター
そんなデジタルイメージの人が,上記のような発言を.

しかし,読んで納得

同pp.64-65
 (Macの導入などによって,圧倒的に処理時間が早くなったにも
  関わらず,デザインをして仕上げるまでの所要時間は変わらない)
 理由は,「考える時間」と「作業の時間」と「だらだらやっている時間」を
 すべてパソコンの前で過ごしているからではないでしょうか。

ご名答!
そうです,その通り.
流石です.さすがトップクリエーター.

職種は違いますが,いたく納得したので,早速
仕事場の机の上を片付けて,パソコンの場所を
メインからサブへ,ちょっと移動してもらいました.

ちょうど,ノートを本格的に復活させて,
手帳&ノート体制に戻そうとしていたので,
しっくりきた.

3時間目標に頑張ります!

五足の靴 [備忘録]

九州に来て,五年目もそろそろ終わる
この時期に読みました.

『五足の靴』,五人づれ,岩波文庫,2007.5.

p.8
  五足の靴が五個の人間を運んで東京を出た。五個の人間は皆ふわふわとして落着かぬ
 仲間だ。彼らは面の皮も厚くない,大胆でもない。しかも彼らとして少し重味あり大
 量あるが如くに見せしむるものは,その厚皮な,形の大きい五足の靴の御蔭だ。

明治40(1907)年7月終わりから8月いっぱい,
与謝野寛率いる,北原白秋,平野萬里,太田正雄(木下杢太郎),吉井勇ら
五名の若き詩人たちは,北九州を旅した.

下関博多,柳川,唐津長崎,天草,三角,熊本,阿蘇...
どの風景も,その基盤は味わったことはありそうだ.

しかし,彼らの爽快さに,思いを馳せる.
その,時代の精神を想像する.
清々しい旅だったのだろう.それぞれに思いはあるにせよ.
群像っていいな.


全くジャンルは違うけど,
年末に読んだ『悪人』,吉田修一,朝日新聞社,2007.4.
と,この『五足の靴』,本に載っている地図は
ほとんど同じ.

絵を見る満ち足りた時間 [備忘録]

あけましておめでとうございます.
お正月に読めた唯一の本でした.

安野光雅著『絵のある人生-見る楽しみ,描く喜び-』,岩波新書,2003.9.

pp.10-11 絵を見る満ち足りた時間

「人はなぜ絵を見に行くのか」ということについて思い当たることがあります.
(中略)
ところで,風景もさることながら,美術館のほうが「密度が高い」と感じるのは,何故でしょう.
 思うに,昔の絵は長い時間かけて描いたものばかりです.その絵には,
絵が描かれていたときの,時計で計ることのできない時間(思索)があり,
絵ができあがってから,こんどは時で計る意味の時間(歴史)が,
ほこりのように降り積もっていると思うことができます.
絵を見る人がその時間を共有するのだとしたら,密度は限りなく高いことになります.

安野(あんの)さんは,『ふしぎな絵』や『旅の絵本』など福音館書店を中心に,
絵本で有名な画家です.僕も,最近娘の絵本探しに図書館へ通うようになって
懐かしさから再び手にすることになりました.

幼かった頃の僕は,安野さんの『はじめてであうすうがくの絵本』や『ふしぎな絵』
などを読んで,まねして絵を描いたり,ゲーム的なこと(当時,数学はそういう雰囲気だった)
を考えて遊んだ記憶があります.

上記の文章は,
思索と歴史との絡みが,絵という風景にどのように現れるかが,
私と誰かの間で共有される時間の話と結びついていて,
なるほど,と思った次第です.

今年も,誰かと何かが共有できることを目指し,頑張ります.
みなさま,今年もよろしくお願い申し上げます.

今の気持ち忘れたくない [備忘録]

今日は,出国前の最後の晩餐というか,
家族三人で☆野家にお呼ばれして,
餃子パーティーをして頂いた.

総勢八人,日頃一人っ子な娘は,たいそう喜んで,
美味しい食事の後は,デザートに,折り紙に,
地球儀に,本に,ダンスにと,
帰り際に,「帰りたくないよ~,もっと遊びたいよぉ~」
と,皆の気持ちを代弁していた.

その夜,明日は博多に前日入りするので,
実際日本でWebを触るのは,これが最後になろうという日,
少し時間をもらい,お世話になったみなさんにメールを書いている.

自分のしくじりで,一ヶ月フランスに行く期間が短くなって
しまい,取り返しのつかない一ヶ月だなぁと悔やまれる一方,
この一ヶ月,様々な人の援助に触れ,行く前に貴重な
体験をできたことに,たいそう感謝している.

実際,「フランス語をどうにか」という一心でドアをノックした
O熊先生には,いくら感謝してもし足らない.
「いろんあトラブルがあっても,最後にはうまくいく」
のがフランス流と,励ましてもらい,本当にその通りに
なろうとしている.

フランスに行ってやること(主に研究)が大切なのだが,
フランスに行くこと自体も大切なように思えてきた.
僕がフランスに行っても,誰も得はしないのだ.
それどころか,かなりの人は迷惑を被る.

そんなはずなのに,みな「頑張ってきてください」,
「楽しんできてね」,「成果を期待しています」と.

頭を下げることはもちろん,彼らのためにも,
「ごめんなさい」そして「ありがとう」.
今の気持ち忘れたくない,忘れない.
これまでも,これからも,ずっと続く学問の徒としての
大切な一歩のために.

ファシリテーション [備忘録]

iwataへ
(自分へも)
お願いされていた,ファシリテーション技術
について,とても伝えてはいけそうに,
ないので,とりあえず,下記の本を渡しておきます.

川喜多二郎:『発想法 想像性開発のために』,中公新書,1967.6.
星野 匡:『発想法入門<新版>』,日経文庫,1989.3.
松岡正剛:『知の編集術 発想・思考を生み出す技法』,講談社現代新書,2000.1.
宮内泰介:『自分で調べる技術 市民のための調査入門』,岩波アクティブ新書,2004.7.

だから,何だって思うかもしれませんが,
とりあえず,興味のある本から読んでみて下さい.

僕も,ファシリテーションについては,まだまだ勉強中です.
sibataさんや,ikedaさん,たちの仕事ぶりを観察しながら,
理論を補強しつつ,いろんな場面で実践しています.
研究室のゼミや,まちなか工房での攻防,もその範疇です.

自分自身も,ファシリテーションしていくことが
必要かもしれません.その先に,コーチングなどの
技術も見えてくるように思っています.

ともに,頑張りましょう.

伝えたいことがあるんだ [備忘録]

で始まる,odaさんの曲とは,
まぁ,それなりに関係あり.

祝4位@norocon!
場の盛り上がり上,あそこで何も言えなかったので,
ここで,披露しておきます.

noro様に捧げる,3曲テーマは,
「noroちゃんの夏」
あとから聞いたら「弾ける」ってのが入ってました.

「弾ける」は無視しましたが,一夏
(7,8月,結果的には9月も)聞いて
もらえる,ということで何度も聞けるように,
聞いた後に元気になるように,作りました.

1.大滝詠一 「君は天然色」
・オープニング大好き
・自分の色をイロイロ出していこう!(かなりベタ)

2.Jitterin' Jinn 「夏祭り」
・「相合傘」って曲と悩んだのですが,晴女の彼女に
・卒論中ですが,いろんな夏を楽しんで欲しい!

3.S.A.S. 「雨上がりにもう一度キスをして」
・年代がバレそうですが,ウキウキする曲を
・人生長い,一夏でも何度か雨は降ります
 でも,その後が肝心.元気に,楽しく,愛を持って!

こうして見ると,構成が2位のhaseとかぶっていて,
負けた感が否めないです.
それ以上に,marinに負けたのが悔しいし...

とても,楽しい企画をありがとう.>★研の皆様


文化的景観 [備忘録]

直球です.
昨日,歴史的構造物保全技術連合小委員会
本日,文化財保存計画協会
にて,様々な議論をしました.

その間に,YMDと自分たちの職能や
今後の景観研究,僕たちの生き方
などについて,語り飲み.
ダーツ投げながら,ですが...

さて,文化的景観.
結論から言うと,「文化的景観は景観の
仕事ではない」,ということです.
ちょっと,語弊があるといけないので,
付け加えると,景観の真の意味というか,
表象としての景観とその背景にある風土
そのものを顕彰する作業だということ.

昨日,本日で,心に響いた言葉
・当たり前のように,歴史的構造物を使い続ける
・ISOに歴史的意匠と歴史的材料に対する配慮
・文化財行政だけでは,文化財は守れない>team
・文化財を守りたいという気持ちが市民,自治体になければ意味がない

景観,土木史,まちづくり,確かに繋がっている.


九州・デザイン・シャレット [備忘録]

三年目の九州デザインシャレット.
いろんな意味で,意義深い活動だったと思う.
個人的にだけど,5年後ぐらいまでは覚えておきたいことを
書いておこうと思う.

継続は力なり,と言うが,継続といっても常に
変化があっての継続というのが,真に意味のあることだと
痛感した.このKDC,変わらないことはないんじゃないか
と思うぐらい,全てのことが変わっていく.

二年目からの参加で,ほぼ昨年と同じ立場で参加している僕の
役割だって,激変する.三年間ずっと参加している人だって,
きっとそうだろう.今年からチューター制が導入されたが,来年度は
もっとプログラムと連動したチューター制となるだろう.

どんどん,関わる人が多くなり,関わり方が多様になる.
それぞれ,自分なりの目標を持ってKDCに係わり,
自分なりの成果,そして他の人と交わって変化した
自分の姿を確認して,一年のKDCが終わる.
そして,次年度のKDCが始まるのかな.

シャレットでは先輩のみなさん,
昨年度からシャレットに関わる同期のみんな,
今年から新たにシャレットに加わってくれた頼もしい面々,
それぞれにそれぞれのシャレットがあって,新しいシャレットも
出てくると思います.

いろんな風土で育った人達が繋がっていく場
としての,九州・デザイン・シャレット.

九州: 人は宝.同じ志をもって風景を語れる人が育つこと
デザイン: 多様な考えが一つのかたちとなって眼前に現れること
シャレット: 自らの意志で,一つになろうとする勇気,愛嬌,献身
九州で,デザインに関わる,シャレットに参加できていることを
全ての人々に感謝して.


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。