So-net無料ブログ作成
検索選択

絵本とともに [日記]

娘と図書館に通うようになって三年ぐらいになる。
最初は、赤ちゃん向けの絵本を読み聞かせていただけだったが、
最近では、本を選ぶ僕の横で、勝手に絵本を読んでいる。

本を選び放題なのだが、そうすると懐かしい本に出会うことも増えた。
昔好きだった本に再会するのは、とてもうれしい。

image-20110925112345.png

「かしのきホテル
今、読むとそれほどでもないが、とっても好きだったことは思い出せる。
ひょっとすると、実家の天袋なんかに、まだあるのかもしれないが。

帰国しました [日記]

ご報告が遅くなりました.
先週の月曜日に無事帰国しました.
フランスでお世話になったみなさん,ありがとうございました.
今後とも,よろしくお願いします.
日本でお世話になっているみなさん,ご迷惑をおかけしました.
今後とも,よろしくお願いします.


さて,一週間の間に,年度末のいろんなことがありました.

例年だと一大イベントである「卒業式」もあった.
本年度は,5名の修了生を出したのだから,
相当大きな区切りである.
当日は,時差呆けも抜けきらず,桜だ,写真だ,
ビールだ,カラオケだ,とあっという間の一日でした.

本当は,一人一人ともっとゆっくり話したかった
(いまさら言うなよ!)というのが,本音です.
それぞれに,大学院生最後の一日を
楽しそうにしていたので,じゃまをするのも
憚られたのですが,本当はこの一年をちゃんと
謝るとともに,「で,どうやった?」と聞きたかった.
「何さ,自分だけ楽しんできて」って言われるのが,
怖かったのかもしれません.

最後まで,わがままを言い通せなかったのが悔やまれます.
また,いつでもいいので,話を聞かせて下さい.
ちなみに,5年間の保証に有効期限はありません.

本当に,ご卒業おめでとうございます.

荷作り [日記]

今日は,一日かけて,フランス行きの荷作り.

一応,飛行機には20kg×人数分の荷物を運べるので,
それ以外のものを送るのだが,送付の仕方は3通り.
・航空便
・SAL便
・船便

で,そのSAL便って何,って感じですが,
航空便と船便のMIXです.
日本~フランスの決まった航路だけが航空便で
あとは,船便というシステムだそうだ.

たとえば,20kgの段ボールだと,日本からフランスへは,
・航空便 27,150円 5日程度
・SAL便 19,550円 2~3週間
・船便  10,250円 2~3ヶ月
となります.

なので,段ボール4個を,SAL便で送り,
その他の荷物は自力で運びます.

いろんなギリギリを試しています.


いよいよ渡仏 [日記]

今日で,公式に大学へ出てくるのは,お終いです.

最近,ものを捨てる気持ちよさが何とも言えません.
身の回りにあるもので,一年後,いるのか,いらないのか,
を考えると,案外いるものは少ないです.
いるかも,と思っても,今はゴミ箱逝きです.

さて,忙しいのですが,読書欲は落ちません.
日本語から,しばらく離れるのが,恐いのか,
それとも,単なる現実逃避か.

先日,街の本屋で,平積みされていた
この本を,衝動買い!目次が,マニュアル!!!

宇田賢吉:『電車の運転 運転士が語る鉄道のしくみ』,中公新書,2008.5.

だって帯が,
 松本零士さん絶賛!
 「この本を知らずに電車に乗るのはもったいない」
だもの.ご丁寧に,哲郎とメーテル,車掌さんまでいます.

第4章 止まる
 3 ブレーキの三重システム

なんですよ.すごい,この本.
フランスから,感想上げます.

と,片付けなければならない仕事を前に,
現実逃避気味のupでした.

やられた [日記]

昨日,タナカケン@くまもと一期生のイケダサンが帰ってきた.

授業を手伝ってもらったのだが,彼はほんとによく成長していた.
先生という人種は,どうしても自分が関わっていたことが
生徒の成長に関係していることがうれしいらしく,僕もその
一種だろうが,彼を見ていると,正直呆れてしまうというか,
上記の思いが先生という職業の妄想であることに気づかされる.

あいつは,ほんまにすごい.

ある意味,白状で頑固者なんだけど,
なんとも言えない人なつっこさと,
未来に対する希望のようなものを
感じさせるところが,彼の魅力だろう.

ま,たいしたことない先生のとこの学生なのだから,
たいしたことないのかもしれないが,鳶が鷹を生む
こともあるかもしれない.ひょっとしたら,ひょっとするかも.

今度,飲むときはどのへんを見据えているのか,
話したいと思っています.


そして,授業中「こんなん描きました」と彼がPPTに
映しだした図,最近僕のなかで考えていたまちづくりの
図よりもはるかに分かり易く,しかも実情を表していた.

やられた,が,とてもうれしい.
ぱくります.

ほうれんそう,大事だねぇ.

明けましておめでとうございます [日記]

明けましておめでとうございます.
今年も,何とか年が明けました.
ようやく,ブログに辿り着きました.

年越しの仕事やら,年始草々の仕事やら,
自分の将来設計やら,紙の年賀状の整理やら,
いろいろとしていたら,ブログの更新が
こうなりました.

今年は,年始に立てた抱負が,
「3つのことを同時にやる」です.
最初から終わっているような気もしますが,
やれるところまで,やってみます.

いままで,人に迷惑をかけないように,
って言って頑張ってきましたが,
今年は正直,人に迷惑をかけてでも,
やるべきことをやる,ということです.

今年一年は,僕に関わらない方がいいかもしれません...

年始草々,不躾な挨拶で申し訳ありませんが,
今年もよろしくお願い申し上げます.

集う [日記]

計画学のための景観研究
のおーがないざーをやってきました.
その他も,四日間とも働き詰め.
そして,議論しっ放し.

これを,しっかりと刻んでおかなければ.

誰のために仕事をしているのか?
セッションやる意味は?
何がゴールなのか?
何が課題なのか?
計画学とは?
景観とは?


いろんな人が,いろんなことを言っています.
誰もが正しいように思うし,誰もが間違っている
ようにも感じてしまう.

誰がオーガナイズしてもいいのだけど,
こういう場の必要性は感じてもらえたのでは
ないだろうか.


論文集は分割されたらいいと思う.

ただ,こういう議論の場は絶対になくならないと思う.
必要だと思う人たちは,好きに集うだろうし,
仲良し倶楽部でない限り,他流試合の有用性を見出すだろう.

集い・交わり・また,それぞれの道を歩むのだろう.


「いま」が大切.

跳ぶ [日記]

薩摩隼人なみに...
「なこかい,とぼかい,なくよか,ひっとべ」

その先は,北海道札幌
言わずと知れた北大です.

out of control の大仕事に乗り出します.
守るもの,僕のインフラストラクチャーとしての
坪井川ができた今,正直,全国展開の仕事を
やることは,いささかためらいがある.

ま,でも,跳んでみよう.
いっちょ,やったる.
その風景が好きだ.
いや,人かな.

時代 [日記]

最近,歴史や履歴について考えていることが
多く,それらが景観や風景として,繋がっている
ことに,戸惑いながらも,導かれているような感じだ.

現代を生きる人が,過去の時代を感じ取ることはできるのか?

風景を共有することはできるのか?

僕にとっては,同じ問題である.
昨日も,五年前も,明治も,平安京も,一万年前も,
同じなのか?
→ 同じ,って今は思っています.

さて,半分仕事で読んだ,4月一冊目.

百瀬孝:内務省 名門官庁はなぜ解体されたか,PHP新書,2001.4.

特に言葉はないので,ただ,歴史は人がつくる,
語るものなんだなぁ,とは思った.
内務省と旧制高校の共通点,なども見えてきた.

風景は共有することができるのに,
時代は共有することはできないの?

もちろん,何のために?という問いは必要だ.
生きるため,なんだけど.

区切り [日記]

毎年書いているはずなので,今年も書きます.

バレンタインデーの今日,うちの大学では
3時が卒業論文の提出日です.
1頁の梗概とともに,15頁の卒業論文を
事務室に提出します.

次週,21日に発表会兼審査会があり,
卒業の可または不可が決定します.

毎年,当日には数名うちひしがれた輩が出る
のですが,今年はなんとゼロ.
それぞれに,自分で区切りを付けることができた
という面では,今年の4年生はしっかりしている
のかもしれません.

僕自身も,焦ることなく,少しの諦めとともに,
指示は出し尽くした感があります.
本当は,これが提出の一週間前で,提出まで
ブラッシュアップを,と言いたいのですが,
これが限界かもしれません.

一週間の間に,自分の考えていることが伝わるのか,
頑張って下さい.
ということも,自覚しているようなので,
安心,安心.

とは,いきませんね.
僕は気を抜きません.
人に伝えるのは,ほんとに難しいから.


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。