So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

自分のなかに歴史を読む [備忘録]

久しぶりのヒット.

阿部謹也:『自分のなかに歴史をよむ』,ちくま文庫,2011.12.25第二刷

卒論提出日の今日,この本を読み終えたことが,意味深い.
も一つ,本年度で退職される,n先生のお言葉を頂いた,ことも.

そのn先生と,実は接点のある,O先生が最終講義で,
阿部先生の『中世の窓から』をウィーンで読んだ話を聞いて,
それを買いに行ったのだが,なかったので,仕方なく手に取った
本書.でも,よかった.

もう,ほんとにほんとの,最後の段落.

p.210
 交響曲に代表されるヨーロッパは,私たちをひきつけてやみません.
 しかし,ひくつけられながらも,私たちは高村光太郎のように,
 小さな違和感を感じつづけています.この違和感は,他の文化を
 理解しようとするときに大切なものです.この違和感を大切にしながら,
 他の文化を理解する努力を,今後もつづけていかねばならないでしょう.

歴史学のなかに,社会史という分野を切り開いた
高名な歴史学者であり,一橋大学の学長にもなった阿部先生が,
ご自身のドイツ滞在や研究を通して,得られた言葉は,
n先生やO先生とも重なった,僕の胸に響いた.

歴史学か地理学か,そもそも土木工学なのか,
自分のやっている研究に自信が持てない僕に,

p.21
 「解るということはそれによって自分が変わるということ」
p.65
 私たちは過去との真の絆を探し,《大いなる時間》のなかで
 生きているという自覚をもたねばならないのです。

などの言葉は,ありがたい道標となる.

時空間のなかで,本当は
共有し得ないかもしれない風景を,
それでも,人々は拠り所として
日々生きていくのだと信じて.

絵本とともに [日記]

娘と図書館に通うようになって三年ぐらいになる。
最初は、赤ちゃん向けの絵本を読み聞かせていただけだったが、
最近では、本を選ぶ僕の横で、勝手に絵本を読んでいる。

本を選び放題なのだが、そうすると懐かしい本に出会うことも増えた。
昔好きだった本に再会するのは、とてもうれしい。

image-20110925112345.png

「かしのきホテル
今、読むとそれほどでもないが、とっても好きだったことは思い出せる。
ひょっとすると、実家の天袋なんかに、まだあるのかもしれないが。

自画像 [きになるもの]

娘との図書館通い、休みの日の大切な時間です。
そこで、こんな自分と遭遇。
健気な奴なんです。


image-20110919131159.png

a la plage [フランス便り]

フランスでは、サーフィンのメッカ、Lacanau Océan にて、ランチを頂いたCafé。BORDEAUXに本店があるそうです。
そちらは、ちょいお高め。
image-20110912043924.png

putit déjeuner [フランス便り]

CDGにて、最後の朝ご飯!
image-20110912041805.png

帰国します。 [フランス便り]

今回は、最後がGare de Lyonだったので、ロワッシーバスで、CDGへ。
実は、初めて使います。16.5ユーロで、約50分だそうです。
0分、30分にモンパルナスを発車するので、リヨン駅には15分後に到着。
確かにRERは、重い荷物持っては、しんどいかも、と考えました。でも、不安。

帰国後、九月末までは、走り切れるように、帰りの便はゆっくり休みたい。
どうだろうか?

三度(みたび)渡仏 [フランス便り]

小学生の頃,『大どろぼうホッペンプロッツ』という本が好きで,
脱獄が得意な彼が,『大どろぼうホッペンプロッツ,ふたたびあらわる!』
というのには,とても感動したが,『~,三たびあらわる!』というのには,
「三度か...」と,少年ながら,少し気が遠くなった記憶がある.

さて,8/31の深夜から,三度目のフランスです.

「何しに行くの?」と,よく聞かれますが,
いろいろと,しに行きます.
恩師に会ったり,学会の打合せしたり,
友達に会ったり,調査したり,
ワイン飲んだり,ピクニックしたり,買い物したり.

なんしか,三たび渡仏です.
もう,何度でも渡仏するつもりです.

次! [備忘録]

読んで下さっている方々がいると,
今更ながらに気づき,更新です.

梅原真×原研哉,『梅原デザインはまっすぐだ!』,はとり文庫,pp.114-115

 デザインの仕事っていうのは,「こうじゃないか」っていうことを提案することに
 シフトしていったほうがいいと思います.頼まれてやる仕事っていうのは,
 あんまり未来がないですよね.

最近,いろいろ考えている内容に,ビシッと一言って感じ.

 警察官も料理人も,プロレスラーも,デザイナーも,マッサージ師も,
 自分が持っている技術を社会に提供することで,どれぐらい対価が
 もらえるかっていうことを,もう一回考え直す.それをリアルに考え直さないと.

もっと,梅原さんみたいに,アカンヤンカって,外向きだけでなく,
内向きにも言わんとアカン.そして,もっとできるって励ましもせなアカン.
そして,自分にも.

次に進まなアカン!

パソコンに向かうのは,「一日三時間」と決める [備忘録]

てな訳にはいかない?いく?いくべき?いや,無理だろ...

情けないことに,インフルエンザにかかり
たまっていた本を一気に読んだ.

水野学:『アイデアの接着剤』,朝日新聞出版,2010.10.

p.64
 最後に,すぐにできる実践的な「客観性をつけるテクニック」を
 付け加えておきたいと思います.
 それはごく単純で,パソコンに向かう仕事を,一日三時間に限定すること。

水野さんは,いまをときめく「グッドデザインカンパニー」の代表であり,
日本を代表するアートディレクター
そんなデジタルイメージの人が,上記のような発言を.

しかし,読んで納得

同pp.64-65
 (Macの導入などによって,圧倒的に処理時間が早くなったにも
  関わらず,デザインをして仕上げるまでの所要時間は変わらない)
 理由は,「考える時間」と「作業の時間」と「だらだらやっている時間」を
 すべてパソコンの前で過ごしているからではないでしょうか。

ご名答!
そうです,その通り.
流石です.さすがトップクリエーター.

職種は違いますが,いたく納得したので,早速
仕事場の机の上を片付けて,パソコンの場所を
メインからサブへ,ちょっと移動してもらいました.

ちょうど,ノートを本格的に復活させて,
手帳&ノート体制に戻そうとしていたので,
しっくりきた.

3時間目標に頑張ります!

五足の靴 [備忘録]

九州に来て,五年目もそろそろ終わる
この時期に読みました.

『五足の靴』,五人づれ,岩波文庫,2007.5.

p.8
  五足の靴が五個の人間を運んで東京を出た。五個の人間は皆ふわふわとして落着かぬ
 仲間だ。彼らは面の皮も厚くない,大胆でもない。しかも彼らとして少し重味あり大
 量あるが如くに見せしむるものは,その厚皮な,形の大きい五足の靴の御蔭だ。

明治40(1907)年7月終わりから8月いっぱい,
与謝野寛率いる,北原白秋,平野萬里,太田正雄(木下杢太郎),吉井勇ら
五名の若き詩人たちは,北九州を旅した.

下関博多,柳川,唐津長崎,天草,三角,熊本,阿蘇...
どの風景も,その基盤は味わったことはありそうだ.

しかし,彼らの爽快さに,思いを馳せる.
その,時代の精神を想像する.
清々しい旅だったのだろう.それぞれに思いはあるにせよ.
群像っていいな.


全くジャンルは違うけど,
年末に読んだ『悪人』,吉田修一,朝日新聞社,2007.4.
と,この『五足の靴』,本に載っている地図は
ほとんど同じ.
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。